男性

飲み続けることが大切

ハート

勝手に服用を止めない

ストレスを感じないで生活することは難しく、自分のキャパシティーを超えるストレスはうつ病の原因にもなってしまいます。几帳面で責任感の強い人はストレスを感じていても、無理しても自分のやるべきことに突き進む傾向にあるためうつ病にかかりやすくなります。ストレスが原因でうつ病が発症するケースが多いですが、脳卒中や脳梗塞など脳や神経系の病気、内分泌系の病気、自己免疫の病気はうつ病を発症しやすい病気と言われています。何事にも気分が乗らず、理由もなく悲しくなったり不安や焦りを感じたり、判断力の低下や反応が遅くなるなどの症状があり、もしかしてうつ病かもと感じたら早めに病院を受診する事をオススメします。十分な休養と薬による治療を行いますが、仕事や子育てで休養なのでできないという人が多くいますが、そんな状態で治療をしても改善することはできないので、休養というのはとっても大切になります。薬は抗うつ剤を服用しますが、症状に合わせて種類や服用の量なども異なるため、医師の指示に従って飲まなければなりません。また抗うつ剤は一定期間飲み続けなければ効果が出ないため飲み忘れにはくれぐれも注意し、アルコールやたばこは薬の効果を弱めたり副作用を起こしたりする可能性があります。抗うつ剤を眠くなる事があり、抗うつ剤と抗精神病薬を併用している場合にさらに眠気が強くなるので、車の運転は避けた方がいいでしょう。早期発見・早期治療が重要な病気で、悪化してから治療をしても症状を改善するまでに時間がかかってしまうため早めの受診が必要です。うつ病の治療に用いられているのが抗うつ剤で、1週間飲み続けると徐々に効果を実感し2〜6週間もすると効果をはっきりと実感することができます。抗うつ剤はうつ病だけではなくパニック障害などの精神疾患にも処方される薬で、脳内の神経伝達に働きかける薬です。種類がたくさんあり、三環系、SSRI、SNRIなどがあり、昔に経済的な負担を少なくすることができます。新薬は多少高価にはなりますが的確に脳内に作用するので高い効果を得ることができ、副作用も少ないというメリットがあります。人によっては新薬よりも以前の薬の方が合っている場合もあるので、必ずしも新薬が効果的という訳ではないので自分の症状にあった薬を決めなければなりません。薬によって症状が改善させると自己判断で抗うつ剤を飲むことを止めてしまう人がいますが、うつ病が完全に治らない原因になってしまいます。神経のバランスはとっても不安定なので自分では良くなったと感じていても、まだうつ病が治っていない事がほとんどなのです。ですから自己判断で薬の服用を中止するのではなく、必ず医師に相談し中止するタイミングを判断してもらう必要があります。薬というと副作用が気になりますが、性機能障害や肥満など軽いものから重いものなで様々あり、服用には細心の注意が必要になるので副作用が心配で抗うつ剤を飲みたくないという人もいるでしょう。しかし抗うつ剤を飲まないとうつ病が治らない原因になってしまうため、医師の指示をしっかりと守り薬の服用を途中で止めない事が大切です。