レディ
男性

減らそうストレス

ストレスがうつ病の主因とされるのは、ストレスによってノルアドレナリンやセロトニンが枯渇し、うつ病を引き起こすためです。そこで、うつ病を予防する意味でも無理な頑張りは控え、クリニックなども利用して、原因となるストレスを早めに排除しましょう。

ハート

飲み続けることが大切

ストレスが原因で発症することが多いうつ病は、十分な休養と抗うつ剤で治療を行います。抗うつ剤は飲み続けることによって効果を得ることができるため、自己判断で服用を止めてしまうとうつ病が治らない原因になってしまいます。

心に変調を感じた時は

病院

薬を飲む理由と予防策

ノルアドレナリンをはじめセロトニンなど、うつ病の時は特定の神経伝達物質が減少傾向にあります。そこで精神科や心療内科では、それらの神経伝達物質を増やす抗うつ剤を処方するのが一般的です。うつ病になれば集中力が欠け、やる気も出なくなりますが、これはノルアドレナリンの不足も原因で、抗うつ剤で改善できるようになっています。また、感情を上手く制御できないのはセロトニンの減少も原因であり、心を安定させる目的でも抗うつ剤が欠かせません。ただし殆どの抗うつ剤は、飲み始めてから神経伝達物質が分泌されるまで、ある程度期間が掛かります。薬の種類や体質などにもよりますが、効果が出るまで2週間から3週間は必要ですので、抗うつ剤を活用する際は根気よく服用し続けるのがポイントです。さらに、抗うつ剤の効果の有無を判断する場合にも1カ月から2カ月程度掛かるため、焦らずに取り組みます。一方、抗うつ剤の効果があり、症状が改善された場合でも、医師の指示に沿って当分は飲み続ける必要があります。そのほか、抗うつ剤を水なしで飲みますと、食道や喉で止まり、悪くすればそこで炎症を招くかもしれません。ですから抗うつ剤はコップ一杯程度のぬるま湯や水で飲み、適切に活用しましょう。気分転換やリフレッシュする時間を持つなど、ストレスをため込まないことが、うつ病を未然に防ぐ最善策です。また、うつ病は突然重症化するケースは少なく、段階を追って悪化するため、心に変調を感じた時は早めに精神科や心療内科で受診しましょう。本格的に症状が出ていなければ大袈裟ではないかと考える場合もありますが、予防医療は健康の基本ですので、その点は気にしなくても構いません。うつを患う原因では適応障害から発展するケースも多く、その段階で治療しておくのも、うつ病の予防策です。適応障害は直面した事態や問題に対応できなくなり、そのストレスで心が崩れて発症します。うつ病の前段階とはいえ、平常心を失った粗暴な振る舞いから二次的なトラブルを引き起こすなど、軽視して良い症状ではありません。そのままにしておけば、うつ病に進むかもしれませんので、この段階で治しておきましょう。さらに意外な原因では日光不足というのもあり、太陽光を浴びる量が少なければ抑うつ状態になりやすいともされています。もしも仕事などの関係で昼夜逆転している際は、意識的に太陽の光りを浴びておくと良いかもしれません。そのほか、ノルアドレナリンやセロトニンを増やす食事など、予防方法も色々ありますので、必要に応じて病院で相談するのが上策です。

カウンセリング

薬の種類で費用は変わる

うつ病の原因は様々ですが、きちんとその症状にあった薬を処方されることが大切です。抗うつ剤の量や種類によって費用には差があるので相場を出すのは難しいでしょう。ですがサポートを目的とした自立支援の制度を利用することが出来れば負担を軽く出来ます。

医者

この病気のことをよく知る

うつ病は、自己判断することなく早めに受診することが大切です。受診の際にはこれまでの症状をできるだけ詳しくまとめて家族と同行すると良いでしょう。日ごろから原因となるストレスをためないように人と話したり、運動を取り入れるのも有効です。